株式会社DSグリーンパワー

  • 電力切り替えのお問い合わせ
  • その他のお問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 個人情報保護方針
  • HOME
  • 電力の買収について

電力の買収について

固定価格買取制度で安心して売電することが可能です

固定価格買取制度とは発電した電力を必ず買取する事を補償する制度のことです。
発電者が発電した電気は必ず電力会社による買い取りを保証する制度で太陽光発電などによるエネルギー発電事業を始める際に、設備投資などのコスト回収計画が立てやすくなります。

余剰電力買取制度とは?

ご家庭や事業所などの太陽光発電で発電した余剰電力を一定の価格で買い取る制度です。

ご家庭における太陽光発電イメージ

1太陽電池モジュール 4分電盤
太陽の光エネルギーを電気エネルギー(直流電力)に変換します。 パワーコンディショナで変換された電力は、分電盤から家庭内の電気製品に送られます。
2接続箱 5売電用メーター
太陽電池モジュールで発電した電気を集めてパワーコンディショナに送り込みます。
さらに、回路をコントロールする機能や誘導雷保護装置もそなえています。
電して家庭で使きれなかった電力は自動的に電力会社へ売ることができます。その売電電力量を計るメーターです。
3パワーコンディショナ 6買電用メーター
太陽電池モジュールで発電した直流の電力を、家庭で使う電気(交流電力)に変換します。また、太陽電光発電システムと電力会社の配電線網との連携を安全に行います。 夜間や雨の日など、これまでと同様に電力会社から電力を買います。どれだけ買ったかを計るメーターです。

昼間に発電して余った電気は売ることが可能です

発電した電気を「使って」「売る」ことが、光熱費を削減するポイントです!

料金プランを夜間、料金が安いものに見直すことでさらに経済的!

電気料金プランの一例

PAGE TOP