株式会社DSグリーンパワー

  • 電力切り替えのお問い合わせ
  • その他のお問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 個人情報保護方針

契約・料金の仕組み

電気の契約とは

契約電力の決定方法について(実量制)

契約電力は、当月を含む過去1年間の各月の最大需要電力のうちで最も大きい値となります。
ただし、電気使用開始から1年間の各月の契約電力は、電気使用開始月からその月までの最大需要電力のうち最も大きい値になります。

最大需要電力とは?
お客さまがご使用された電力を30分毎に計量し、そのうち月間で最も大きい値を最大需要電力といいます。この値は、同時にお使いになる負荷設備が多いほど、大きくなります。

電気の契約に関するQ&A

Q 1年間で最も大きい最大需要電力を契約電力とするのはなぜですか?

電気をお送りするための供給設備は、お客様が年間で最も多くご使用頂く量に合わせ準備する必要があるため、電気のご契約は1年間の最大需要電力を基準として決定しております。
これは、実量値による契約電力決定方法以外にも、一定値以上の電流が流れるとスイッチが切れるご家庭用のアンペアブレーカー契約や、契約電力500kW以上のお客様が年間の最大需要電力をもとに契約電力を決定する方法など、他の契約方法と同様の考え方です。

Q 変圧器を取り替える時はどうすればよいですか?

契約受電設備(変圧器)を取り替える場合は、増減に関わらず、従来通りお申込み頂きます。お申込みがない場合、増加の場合は増加される日までの契約電力が、減少の場合は減少される日以降の契約電力が決定できなくなります。
尚、同容量の取り替えにつきましてもお申込みを頂くことになっております。

Q 契約電力を減少する方法はありますか?

契約受電設備の減少、または年間を通じて使用していた契約負荷設備を大幅に減少することが可能です。

Q 力率とはなんですか?

交流の電気には、有効電力(仕事になる電力)と無効電力(仕事にならない電力)が含まれています。この有効電力の割合を力率といいます。

Q 計量日と検針日の違いはなんですか?

実量値による契約電力決定方法の適用にともない、新たに記録型計量器を取り付けさせていただきます。
計量日とは、この記録型計量器に最大需要電力及び使用電力量等が記録される日のことをいい、毎月一定の日(お客様によって異なります。)になります。この計量日は予めお客様にお知らせいたします。
検針日とは、当社が実際に検針を行う日であり、計量日以降の日となります。計量日に記録された最大需要電力および使用電力量等の値を検針日に読み、従来通り「電気ご使用量のお知らせ」により、お客様にお知らせいたします。

電気料金の仕組み

電気料金の三原則

電気料金の算定に当たっては、以下の電気料金三原則に基づいて決定しております。

  • 原価主義の原則
    料金は、能率的な経営のもと、良好なサービスを提供するために必要な「原価」に基づいて決定されなければならない
  • 公正報酬の原則
    企業の報酬は、設備投資などの資金調達コストとして公正なものでなければならない
  • お客様に対する公平の原則
    電気事業の公益性および共有の独占という特質上、お客様に対する料金は公平でなければならない
PAGE TOP